妊娠中や授乳中、生理中にカロリミットを飲む事は出来る?

外食をしている時等にカロリミットを飲んでいる人を見かける事がよくあるぐらい人気になっています。

 

カロリミットの効果は食事で摂取したカロリーの吸収を抑える事でダイエットをサポートする事です。

 

カロリミットを飲むだけでダイエットの付き物の食事制限から解放されストレスを感じる事なくダイエットをする事が出来ます。
しかし、ダイエットしたい、太る事が嫌だと思っても妊娠中に服用する事はオススメする事は出来ません。

 

妊娠中や授乳中の方の服用

商品の使用上の注意書きに「妊娠・授乳中の方、お子様はお召し上がりにならないでください」とキチンと記載されています。

 

カロリミットの成分の1つに桑の葉エキスが含まれており、桑の葉は便秘解消の効果を持っています。個人差はありますが場合によってお腹を壊して下痢になってしまう方もいます。

 

妊娠中はお母さんにも赤ちゃんにも下痢は良くありません。それに、カロリミットの効果でもあるカロリーの吸収する効果によってカロリーの摂取を抑えてしまうと赤ちゃんに行き渡るはずの必要な栄養分を与える事が出来なくなってしまうので妊娠中の服用は控える事が賢明だと思われます。

 

薬を服用している方や通院中の方、糖尿病を患っている方の服用

上記の注意書き以外に
「薬を服用あるいは通院中の方及び糖尿病の方は、お医者様とご相談の上お召し上がりください」
と記載されています。自己判断で服用はせずにお医者様と相談してから服用をする事に注意してください。

 

生理中の方の服用

生理中の服用についてですがカロリミットを生理中に服用する事は可能です。
しかし、注意しなければいけない点もあります。生理中はホルモンバランスが変化するので下痢の症状が出る場合があります。
生理中は体力を消耗しやすくなっているので体のためにカロリミットを服用せずにキチンとした食事を取った方がいいのかもしれないですね。

 

生理後はダイエットをするには最適な時期なので生理が終わってからカロリミットを服用する事でストレスを感じる事なくダイエットが出来ると思います。

代謝アップ効果もプラスして、積極的に痩せたいなら『大人のカロリミット』


まずはカロリーカット!「太らない」を目指すための『カロリミット』